スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<投資ファンド>悪質横行…証券監視委の検査追いつかず(毎日新聞)

 広く出資金を集めて運用する「投資ファンド」を巡るトラブルが最近相次いでいる。証券取引等監視委員会の勧告を受けて金融庁は6月3日、競走馬に出資して配当を得る「競馬ファンド」の運営業者の資金管理がずさんだったなどとして、金融商品取引法違反で1カ月の業務停止処分とした。このケースでは配当するはずのレース賞金を借金返済に充て、別の資金を配当に回すなどのずさん経理にとどまっていたが、別の投資ファンドでは実態がないにもかかわらず出資金を集めるなど悪質な事例も目立つ。【松谷譲二】

 金融庁は2月、南米エクアドル沖で大航海時代に沈没したスペイン船から宝石や金貨を引き揚げ、利益を配当することをうたい、約400人から約8億円を集めた東京都内の発掘ファンドを2カ月間の業務停止処分とした。引き揚げは実現されずに突然契約を打ち切り、8億円の半分は使途不明になっている。

 ポップアート画で人気の現代美術家、奈良美智(よしとも)さんの絵画を共同で買い、転売して利益を配当するとうたった業者も同月、業務停止3カ月の処分に。投資家の勧誘を無登録業者にさせていた上、約60人から集めた出資金のうち約1億円が使途不明になっていた。

 登録・届け出されたファンドは現在約4000社に上り、業務停止や登録取り消しの行政処分を受けた業者は11件にとどまるが、監視委関係者は「業者が多過ぎて検査が追いつかないのが現状」と指摘する。「検査後に社名を変えて違う商売を始める業者もいる。手を替え品を替え利益をむさぼる手口に注意が必要」という。悪質なケースは警察当局が詐欺事件として摘発することもある。

 無登録業者による被害も相次ぐ。昨年7月、全国の2万人から総額100億円超を集めたとみられる札幌市の無登録ファンドが、契約と異なって配当を滞らせた上、出資金も返還していないとして、北海道警が捜索に乗り出した。元会員ら100人超が損害賠償を求めて係争中だ。

 国内に無登録業者がどれだけ存在するかのデータはない。限られた人員の監視委は無登録業者を調査したことはないが、金融商品取引法の改正に伴い、6月8日からは全国の財務局も検査できることになった。

 ファンドの実情に詳しい「良質な金融商品を育てる会」の永沢裕美子事務局長は「だまされて訴訟に踏み切っても、相手が破産し、投資金を取り戻せないことがほとんど。出資する前に業者の登録状況を金融庁に照会したり、業者の取引先の信託銀行がどこかチェックするなど最低限の確認をしてほしい」と注意を促している。

 【ことば】投資ファンド

 個人や企業などから出資金を集めて事業を運用する組織。利益が上がれば、投資家に配当金が出るが、元本は保証されないため損失が出ることもある。07年の金融商品取引法により、業者には募集や運用の規模によって登録、または届け出が義務付けられている。

【関連ニュース】
キャッツ粉飾:会計士の有罪確定へ 最高裁
無登録営業:豪州植林へ出資募る…3容疑者を逮捕 警視庁
虚偽記載:半導体装置メーカー、上場前に「水増し」か
インサイダー取引:あおぞら銀の元行員を告発 証券監視委
「キャッツ」株価操作:60億円粉飾決算、有罪判決確定へ--最高裁

ヴィンチェンゾ・ナタリ『SPLICE』ワーナー配給で全米6月公開決定!
<子ども手当>申請窓口で妨害容疑 無職の男逮捕 滋賀(毎日新聞)
口蹄疫 菅首相、初動対応徹底を指示 政府対策本部会合(毎日新聞)
<C型肝炎>カルテなくても給付金を 患者ら提訴へ(毎日新聞)
道路にロープ張られ、そこへバイク…転倒(読売新聞)
スポンサーサイト

地検検事取り調べ、一部を違法認定…大阪高裁(読売新聞)

 京都地検で取り調べを受けた際、検事2人に侮辱されたうえ、弁護人との信頼関係も傷つけられたとして、当時少年だった男性(22)と、弁護人だった京都弁護士会所属の谷山智光弁護士(34)が、国に660万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が27日、大阪高裁であった。

 岩田好二裁判長は一部の取り調べについて違法性を認めたが、「弁護人との信頼関係を壊したとまではいえない」として、66万円の支払いを命じた1審・京都地裁判決を変更し、賠償額を22万円に減額した。

 判決によると、男性は2007年秋、京都市内のコンビニエンスストアで万引きし、店員に暴行したとして強盗致傷容疑で取り調べを受け、検事に「お前はくずや」「あんな先生(弁護士)がついて、運が悪い」などと言われた。男性は少年審判で保護観察処分になった。

 岩田裁判長は、男性が取り調べ状況を記した被疑者ノートの内容から「検事の発言は説得や追及の範囲を超えていた」と認定したが、「谷山弁護士が接見する権利まで侵害したとは認められない」と述べた。

 京都地検の大坪弘道次席検事の話「関係機関と協議の上、判決を精査して適切に対応したい」

兵庫・須磨沖で保護した迷いマンボウ その日に死亡(産経新聞)
大雨 午後、峠越す 西日本各地で土砂崩れ (毎日新聞)
元みなと銀支店長に猶予付判決 社福法人3億円迂回融資(産経新聞)
「一点確認してほしい」攻勢を開始した被告が聞きたかったことは? SS元船長第2回公判ライブ(産経新聞)
ネット選挙解禁法案を決定=今国会で成立目指す―与野党(時事通信)

普天間、仕切り直しを=福島社民党首(時事通信)

 社民党の福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)は22日、TBSテレビの番組に出演し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で、同県名護市辺野古周辺を移設先とする政府案について「実現できない案。無理やり決めても、問題がよりひどくなるだけだ」と述べた。その上で「仕切り直してちゃんとやるべきだ」と述べ、5月末の決着期限にこだわらず、県外・国外移設を追求すべきだとの考えを強調した。 

<風景画>ストラスブール美術館所蔵展内覧会 東京・渋谷で(毎日新聞)
ポートアイランド 街開き30周年 住民パワーゼロから文化築く(産経新聞)
介護職員の医療行為、特養以外にも拡大へ-長妻厚労相が法改正検討(医療介護CBニュース)
B型肝炎訴訟 長妻厚労相 「議論尽くされていない論点多い」(産経新聞)
大阪女性失跡 死体遺棄で交際相手の会社役員逮捕(産経新聞)

クジラ育む南の島々 小笠原諸島・父島 (産経新聞)

【探訪】

 穏やかな海から突如、潮が吹き上がった。一瞬見えた巨大な背中は、息継ぎを終えるとすぐに海中へ消えていった。東京から南へ約1千キロ。太平洋に浮かぶ小笠原諸島・父島の沖合では、子育て中のザトウクジラが優雅に回遊していた。

 彼らが小笠原の海域にやってくるのは、11月末から5月の中旬ごろ。至近距離で見る体長15メートル、重さ30トンの巨体は迫力十分だ。春から冬にかけてはアラスカ、カムチャツカなど北の海でエサを探し、寒くなると繁殖海域の小笠原、ハワイ方面へ南下する。

 繁殖の時はエサを食べないとされるが「詳しい生態はほとんど知られていない」と、小笠原ホエールウォッチング協会の千喜良登事務局長(36)。その行動は謎に包まれている。

 環境省や東京都などは、ザトウクジラを育(はぐく)む小笠原諸島の世界自然遺産登録を目指しており今年、世界遺産委員会へ推薦書を提出した。登録区域は父島列島をはじめ母島列島、聟島(むこじま)列島など陸域約6350ヘクタールと、その一帯の海域約1050ヘクタール。7月には世界遺産委員会の諮問機関による視察も控え、小笠原諸島はひときわ熱い夏を迎えようとしている。(写真報道局 大西正純)

【関連:「探訪」】
ノルウェー・トロムソのオーロラ 天空覆う神秘のカーテン
突然変異の「かわいい悪魔」 長野県辰野町・シダレグリ
愛媛県新居浜市・別子銅山 人気上昇「東洋のマチュピチュ」
長野県・美ケ原 零下に咲く「氷の花」
諏訪湖見下ろす朝焼けの富士 長野県塩尻市「高ボッチ高原」

カルテル疑惑でウソ申告、課徴金減免見送りへ(読売新聞)
神奈川県副知事に黒川氏(時事通信)
<法政大高>元教諭2人書類送検 修学旅行中に体罰(毎日新聞)
<JR内房線>280メートルオーバーラン…浜野駅で(毎日新聞)
首相動静(5月7日)(時事通信)

HPVワクチン接種者の平均年齢は31.4歳(医療介護CBニュース)

 グラクソ・スミスクライン(GSK)が、全国の「子宮頸がん予防ワクチン」(HPVワクチン)の接種者を対象に実施したアンケート調査の結果によると、ワクチン接種者の平均年齢は31.4歳だった。ワクチンを接種した診療科は「婦人科(開業医・クリニック)」が最も多く55%。次いで「内科(開業医・クリニック)」と「婦人科(病院)」が12%、「小児科(開業医・クリニック)」が11%だった。

 アンケート調査は、ワクチンを接種した人の年齢などの属性を理解するとともに、接種したきっかけなどを把握するために実施した。昨年12月25日から今年3月15日にかけて、医師が接種者にアンケート用紙を配布し、郵送で2079件を回収した。

 接種者の年齢分布では、「35-39歳」が18.8%で最多。次いで「30-34歳」18.5%、「25-29歳」15.2%などで、25-39歳が全体の過半数を占めた。

 また、接種者に子宮がん検診の受診状況を質問したところ、「ここ3年は毎年」33%、「ここ3年では1-2回」32%、「ここ3年は受けていない」4%、「受けたことがない」31%で、過去3年間に検診を受けている人が65%を占めた。
 GSKでは、ワクチン接種者は「疾患認知、検診の認知が一般女性と比較して高いことが予想される」との見方を示している。

 またHPVワクチンを接種する最大のきっかけになった情報源で最も多かったのは「家族の話」で27.5%。次いで「医師からのワクチンについての説明やすすめ(接種日以前)」24.2%、「テレビ番組での紹介」9.6%などだった。


【関連記事】
予防接種法の抜本改正へ5月に実態調査
「がん教育」などを今年度事業の重点項目に-日本対がん協会
子宮頸がん原因ウイルスの感染経路、認知度は3割未満
「子宮頸がん予防ワクチン」接種しますか、しませんか。
HPVワクチン接種、公費助成「決定」はわずか-全国自治体アンケート

飛行機欠航で費用は? 座席等級で対応に差あり(産経新聞)
介護報酬191万円、不正混じりで全額返還へ―大阪市の事業者(医療介護CBニュース)
<偽装献金>判決は20分弱 使途解明はされないまま終了(毎日新聞)
「神戸空港の活用も盛り込むべき」 国交省報告書案に兵庫県が意見書(産経新聞)
SB孫社長自ら顧客に返信 企業のツイッター活用進む(J-CASTニュース)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。