スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<鳥インフル>季節性と混合で強毒化する恐れ 東大など研究(毎日新聞)

 人に感染すると致死率6割以上という強毒性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)が人の季節性ウイルスと混ざり合うと、さらに強毒化する恐れのあることを東京大医科学研究所の河岡義裕教授(ウイルス学)と米などの研究チームが明らかにした。23日付の米科学アカデミー紀要(電子版)に掲載される。

 H5N1型ウイルスと季節性(H3N2型)ウイルスを使い、遺伝子のすべての組み合わせ(254通り)の作成を試みた。75種のウイルスを調べた。

 その結果、季節性の遺伝子の一つで増殖の働きを担う「PB2」を持つ22種で、それぞれのウイルスを感染させた4匹すべてが6~12日間で死んだ。その他はH5N1型と同程度(12日後に致死率50%)か、より弱い毒性だった。【関東晋慈】

【関連ニュース】
プレパンデミック(大流行前)ワクチン
パンデミックに挑む:朴三用さん=横浜市立大准教授
パンデミックに挑む:山口照英さん=国立医薬品食品衛生研究所生物薬品部長
検疫訓練:強毒性の新型インフルエンザ想定、静岡空港で初 /静岡
新型じゃない? /京都

来年度予算案 31府県がプラス編成 大阪、増加率トップ(産経新聞)
定員最多の阪大は7265人 国立大2次試験、教育・看護が人気(産経新聞)
蔵出しみかん 甘~くなって出荷…岐阜・海津(毎日新聞)
遺族と検察官、検審で意見陳述 JR脱線事故(産経新聞)
男子高生が4歳児救出=団地火災、現場通りがかり-京都(時事通信)
スポンサーサイト

ペイオフ見直しせず=中小金融に有利にならず-金融相(時事通信)

 亀井静香金融・郵政改革担当相は22日、郵政改革との関連で見直しを示唆していたペイオフ(預金の払い戻し保証額を元本1000万円とその利子までとする措置)制度に関し、「見直しはしない」と記者団に明言した。中小金融機関である信用金庫、信用組合の業界団体からの意見聴取の結果、郵便貯金を含めた大手金融機関との競争上、有利にならないと判断したため。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
ポスト鳩山を狙う"ラグビーボール"原口総務相
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘~経産省と組んだ菅副総理~

新年度から国旗常時掲揚の大阪市立学校園、30校でポールなし(産経新聞)
自民、審議拒否を続行 「子ども手当」法案、午後に審議入りへ(産経新聞)
偽装認知で比人ホステスら逮捕=子供に日本国籍-兵庫県警(時事通信)
<皇太子さま>更なる自己研さんに努めて 50歳会見(1)(毎日新聞)
皇太子さま50歳 「さらなる自己研鑽を」(産経新聞)

<桜島>「ドカ灰」垂水市に集中 農作物深刻(毎日新聞)

 活発な活動を続ける鹿児島・桜島。昨年は爆発的噴火(爆発)が過去最多の548回を記録し、今年はすでに220回を超えた。被害は北西の季節風の風下にあたる大隅半島の垂水市に集中する。連日のように「ドカ灰」が降り注ぎ、市街地は真っ白。特産のキヌサヤなど農作物に灰がこびりつくなど、深刻な影響が出始めている。【新開良一】

 「連日の灰できりがない」。桜島に近い海潟地区のキヌサヤ畑で、米田(めた)昭穂(てるほ)さん(82)がつぶやいた。かつては爆発の度、送風機で灰を吹き飛ばしたが、昨年からそれでは追いつかなくなった。米田さんは灰まみれのキヌサヤの根元を指さし「触ってごらん。これは土じゃないよ」。黒く変色した灰は一帯を覆い、厚さ5センチ以上はある。素手でつかむとザラザラした感触が残った。

 キヌサヤの実のさやが曲がったり、「焼け」と呼ばれる黒っぽい変色が起きる。傷物は「見向きもされない」ため、廃棄するしかないのが実情という。

 業者の買い取りも以前の半値近くまで下がった。「風評」も影響しているという。今季の出荷は5月ごろまでで、市は「このまま降灰が続くと、収穫量全体の半分を出荷できればいい方」と危機感を抱く。

 唯一の対策はハウス栽培への転換だ。市は農家へ奨励するが、国や県の補助要件が厳しいこともあり、進んでいない。

 米田さんも転換の予定はないという。「ハウスでも灰は積もる。除去作業はできないよ」とこぼす。高齢化が進む地区の農家ではハウスの維持は大きな負担でもある。

 深刻な降灰被害は、桜島南岳山頂火口が活発だった80年代以来。だが後継者不足や少子高齢化が進み、余計に被害は深刻のようだ。

 一方、市は昨年末、灰収集のためのゴミ袋「降灰袋」を10年ぶりに市内全戸に配布した。被害が深刻な海潟地区には2月にも各戸30枚ずつ追加。だが収集は月1回。それまで道路脇には、灰でいっぱいになった黄色い袋が山積みとなっている。道路清掃にも追われ、清掃車(ロードスイーパー)が連日出動、巻き上がる灰煙の中で作業を続ける。対岸の鹿児島市からも応援を受けた。桜島が平穏だった昨秋に比べると、出動回数は4倍近くにもなるという。

 海潟地区を視察した市議は「今、農道を走る車のほとんどは紅葉マークの軽トラ。降灰が続くと作ることをやめる人が出てくるのでは」。関係者は焦りを募らせている。【新開良一】

【関連ニュース】
桜島:火山活動が活発化 1月に爆発的噴火131回
桜島大根:本物の迫力を感じて 東京でコンテスト優勝作を展示
桜島:爆発的噴火が最多
旅:活火山の島を満喫 鹿児島・桜島
県:桜島活動活発化、降灰被害の実態調査へ 対策会議を設置 /鹿児島

自治体法務シンポを開催=6月の検定発足記念し-東京(時事通信)
自民党、鳩山首相の母の出張尋問も考慮に…町村元官房長官が表明(スポーツ報知)
拉致解決 総連幹部に直談判 衆院特別委員長「打開図りたい」(産経新聞)
<顧問・参与>各府省庁で計187人 最多は外務省の34人(毎日新聞)
大阪・堺市議に参加要請 「橋下党」23日準備会(産経新聞)

JR語呂合わせ乗車券好評、次は「めでたいのう」 22.2.22記念(産経新聞)

 数字の「2」がずらりと並ぶ平成22年2月22日、JR小野田線目出-居能駅(いずれも山口県)の記念乗車券が発売される。

 「めで(目出)たいのう(居能)」の語呂合わせ。福を呼ぼうとJR西日本の山口地域鉄道部が企画。タイをあしらった台紙を用意した。

 運賃分のみ200円。2日にも「あさからめでたい」と厚狭-目出駅の記念乗車券を発売し好評だった同部。“2”匹目のドジョウはいかに?

【関連記事】
富士山見えなかったら無料乗車券プレゼント 富士急行
阪神なんば線1周年 奈良エクスプレス運行へ
受験生に人気“上りのみ有効”西武鉄道の片道切符
江ノ電と京福、観光振興で姉妹提携
阪神戦チケット付き割引切符を発売 近鉄

<障害者取り押さえ死亡>遺族らが国会内で集会(毎日新聞)
宮城、福島で震度3(時事通信)
夫婦別姓で千葉法相「亀井氏を説得していく」(産経新聞)
地元応援グルメ花盛り!長島銀メダルお好み焼き登場(スポーツ報知)
政府・民主党、各省政策会議の見直し協議へ(産経新聞)

寺島しのぶさんに銀熊賞=田中絹代さん以来35年ぶり-ベルリン映画祭(時事通信)

 【ベルリン時事】第60回ベルリン国際映画祭の授賞式が20日夜(日本時間21日未明)行われ、コンペティション部門に日本から唯一出品していた「キャタピラー」(若松孝二監督)で主演した寺島しのぶさん(37)に銀熊賞(最優秀女優賞)が贈られた。世界三大映画祭の一つである同映画祭で日本人が同賞を獲得したのは、1964年の左幸子さん、75年の田中絹代さんに続いて3人目の快挙。
 「キャタピラー」は、第2次大戦中に中国戦線から四肢を失って帰還した夫に尽くす妻の姿を描いた反戦映画。寺島さんは、献身的に夫の世話をしながら、戦争に疑問を抱くようになっていく妻を熱演した。 

【関連ニュース】
「イースタン・プレイ」が最高賞=東京国際映画祭
東京国際映画祭が開幕

子ども手当「11年度は満額」=鳩山首相(時事通信)
<普天間移設>結論5月まで 外相がウェッブ氏に説明(毎日新聞)
キャンキャン詐欺!ラフォーレ前で「モデルになる気ない」(スポーツ報知)
毎日記者らの賠償確定 連載記事で名誉棄損(産経新聞)
ウーロン茶瓶に山水画 能勢の酒造会社が販売 回収率アップ、エコに貢献(産経新聞)

党首討論、守りの首相 “決断”なければ反転困難(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は17日、就任後初の党首討論に臨んだが、ここでも実母からの総額12億6千万円の資金提供問題の釈明に追われた。自らの資金問題に議論が及ぶと、答弁は「知らなかった」の一点張りで完全に守勢。「説明責任を果たしていない」という世論に応える内容にはならなかった。以前は快活だった答弁の声にも張りがなくなってきた。「政治とカネ」の問題がボディーブローのようにじわじわと効き、首相を追い詰め始めている。(加納宏幸)

  [グラフで見る]内閣不支持率、支持率を初めて上回る

 16日から所得税の確定申告が始まったことを受け、自民党の谷垣禎一総裁と公明党の山口那津男代表の追及は、首相が贈与税を納めていなかったことから始まった。

 「恵まれた家庭」に育ったことを自認する首相にとって、不景気に苦しみながらもきちんと納税している国民と、自らの疑惑を比較されることは、心理的にかなり厳しく、反論しにくい問題だ。このため、首相はひたすら平身低頭した。

 「納税に対し、ばかばかしいという気持ちが国民の皆さんの中に起きてしまったことは誠に申し訳ない」

 「汗を流し、税金をお支払いいただき、新しい国づくりにご協力を願いたい」

 母親だけでなく、祖父からも生前贈与を受け、偽装献金事件発覚後に修正申告で約6億円の贈与税をポンと納められるだけの「労働なき富」を誇る首相。「今までの政権と違い、1円たりとも税金の無駄遣いを許さない」と訴えると、野党席から「税金を納めてから言えよ」と反撃された。

 首相、小沢一郎幹事長に加え、小林千代美衆院議員側への北海道教職員組合からの違法献金事件を抱え、内閣支持率は急落中だ。普天間飛行場問題を契機にした5月退陣説までささやかれている。だが、再浮上をあきらめたわけではない。

 「どんなことがあっても、私は投げ出さない」

 首相は先週末、民主党の石井一選対委員長から「リーダーシップを発揮するときだ」と激励され、こう言い切った。党首討論では、小沢氏に国会の場での説明を進言する考えも示した。

 小沢氏は説明責任はすでに果たしたという立場のようだが、国民が納得しているとはいいがたい。石井氏は17日の講演で、首相や小沢氏の「政治とカネ」の問題を念頭に「わが党(の支持率)が後退し、参院選を乗り切れないと判断した場合は、決然として何を犠牲にしてもこれを乗り越えて国民の負託に応えたい」と述べた。小沢氏の幹事長辞任の可能性を示唆したものといえそうだ。首相も小沢氏も説明責任を果たすか、そうでなければ進退に関して重大な決断をしないかぎり、野党の追及は続き、民主党は反転攻勢のきっかけをつかめそうにない。

【関連記事】
党首討論 やはり証人喚問が必要だ
「政治とカネ」追い詰められた鳩山首相
党首討論 首相、小沢氏の国会説明を進言へ
党首討論詳報(2)「小沢幹事長に責任を申し上げるつもりない」
党首討論詳報(1)谷垣氏「首相は平成の脱税王」

<土曜授業>「賛成」9割 ネット調査(毎日新聞)
首相、名護市長と会談(時事通信)
「1Q84」続編、1万冊予約に最速12日間(読売新聞)
<万歳三唱>「公式の所作なし」の答弁書、政府が閣議決定(毎日新聞)
ネットワークを使った診療情報の活用法で3月にフォーラム(医療介護CBニュース)

<調査捕鯨>抗議船2隻とゴムボートで妨害(毎日新聞)

 日本鯨類研究所によると日本時間14日午後0時ごろ、南極海で調査捕鯨をしていた調査母船「日新丸」(8044トン、小川知之船長)が、反捕鯨団体「シー・シェパード(SS)」の抗議船「スティーブ・アーウィン(SI)」号と「ボブ・バーカー(BB)」号から妨害を受けた。

【今年の妨害の様子を写真と動画で】調査船と抗議船が衝突して大破した瞬間や発煙弾を投げ、レーザー光で妨害するSSメンバー

 2隻の抗議船は6日から日新丸を追跡。14日は、抗議船からゴムボートを降ろして酪酸が入っているとみられる瓶や塗料、発煙弾を投げ込んだほか、BB号はレーザーと思われる光線を照射して妨害した。SI号からはヘリコプターが飛び、妨害活動の様子を撮影した。日新丸側に被害はなかった。

 SSは昨年末から妨害を繰り返し、今月11日夜に行われた妨害では、液体入りの瓶を撃ち込まれた調査船「第2昭南丸」(712トン、小宮博幸船長)の乗組員3人に液体がかかって痛みを訴えて手当てを受けたほか、先月6日にはSSの抗議船「アディ・ギル(AG)」号と第2昭南丸が衝突し、AG号が大破している。【デジタルメディア局】

【関連ニュース】
【写真特集】シー・シェパード:ロープ投げつけなど妨害 捕鯨調査船を
【写真特集】調査捕鯨:シー・シェパードが新型高速船(2月6日に調査船と衝突し大破)で妨害
調査捕鯨:「日新丸」を2隻の抗議船とヘリが妨害
鯨肉窃盗:グリーンピースメンバー逮捕・起訴 「人権規約に違反」国連が意見書
シー・シェパード:調査船に液体入り瓶 3人顔に痛み

<万歳三唱>「公式の所作なし」の答弁書、政府が閣議決定(毎日新聞)
ANA副操縦士が免許忘れる ソウル便、4時間半遅れ(産経新聞)
<厚労省>医薬品行政に監視組織…有識者会議が提言(毎日新聞)
相武紗季さんが追突事故=信号待ちの車に、けがなし-東京(時事通信)
国の防災指揮拠点、関西は大阪府庁のある「大手前」に(産経新聞)

首相を正式メンバーから外す 国と地方の協議機関(産経新聞)

 政府と全国知事会など地方6団体が地方にかかわる政策を話し合う「国と地方の協議機関」の法制化をめぐり、政府と地方の実務検討グループは18日、首相官邸で最終案に合意した。地方が求めていた鳩山由紀夫首相の議長就任はとりやめ、首相は正式メンバーから外した。一方で、首相に議長の指定や協議を招集する権限を持たせた。政府は3月上旬に法案を閣議決定し今国会に提出する。

 地方側は首相が議長を務め、地方分権改革を推進する姿勢を打ち出すべきだと主張したが、政府側は、首相に相当するポストが地方側にないと拒否した。

 会合で地方側は、首相がメンバーから外れたことに不満を表明。だが議長指定権など「首相の関与を強める」(逢坂誠二首相補佐官)措置が明記されていることから、一定の理解を示した。

【関連記事】
「国と地方の協議機関」で政府が骨子案提示
政府、61法案提出へ 子ども手当や高校無償化など
地域主権改革、今年から本格化 省庁の抵抗は必至
地域戦略会議、計画案や工程表を了承
国の「義務付け・枠付け」見直しを 分権委第3次勧告

開業医と病院の再診料、690円で一本化、中医協(産経新聞)
【お財布術】「確定申告」編 退職や副業…還付も(産経新聞)
勤務医対策に重点配分、入院診療に4400億円 22年度診療報酬改定で中医協答申(産経新聞)
98独立行政法人を原則廃止…行政刷新相(読売新聞)
<野口飛行士>宇宙からDJ 「きぼう」で初ラジオ収録(毎日新聞)

鳩山首相、選択的夫婦別姓「私は賛成」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は16日夜、国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相が反対を表明している選択的夫婦別姓制度について、「私自身は前から基本的には賛成している」と強調した。また、「家族のあり方につながる。政党を超えたテーマで簡単にまとめにくいが、国民の意識や思いを学び、政府としてまとめられるかどうか千葉(景子)法相を中心に努力している」と述べた。

 議論が拙速との見方に対しては「大分前から議論されている。新政権という意味ではまだ時がたっていないが、そんなに拙速ではない」と反論した。

【関連記事】
鳩山首相「民主党らしさは歯切れの良さ」
夫婦別姓で千葉法相「亀井氏を説得していく」
どうなる?選択的夫婦別姓 千葉法相は前向き 亀井担当相は反対
「反対すれば法案提出困難」 外国人参政権と夫婦別姓で亀井氏
鳩山首相、人権侵害救済法案の早期提出表明 言論統制の危険性も

東京地検に銃弾? 届く=小沢氏不起訴に抗議-脅迫容疑で捜査・警視庁(時事通信)
<ハイチ大地震>自衛隊は撤収へ 国際緊急援助隊(毎日新聞)
鳩山首相が小沢幹事長の続投を容認(産経新聞)
6年前の思い再燃 市民団体、大阪市と交渉 道頓堀で泳ぐぞ~(産経新聞)
「検察捜査で明らかに」小沢氏、政倫審に慎重(読売新聞)

<鯨肉持ち出し>グリーンピース2被告、初公判で無罪主張(毎日新聞)

 国際環境保護団体「グリーンピース・ジャパン」(GP)のメンバー2人が08年、青森市の運送会社に侵入し、宅配途中の鯨肉を持ち出したとして窃盗と建造物侵入の罪に問われた事件の初公判が15日、青森地裁(小川賢司裁判長)であった。2人は「鯨肉の横領を告発するための行為で、違法性はない」として無罪を主張した。

 起訴状によると、メンバーの佐藤潤一(33)、鈴木徹(43)の両被告=いずれも保釈=は08年4月16日、西濃運輸青森支店(青森市)に侵入。調査捕鯨船の乗組員が土産物として自宅に送った段ボール箱入り鯨肉23.1キロ(5万8905円相当)を盗んだとされる。

 7回の公判前整理手続きで、争点は▽鯨肉を自分のものにする不法領得の意思があったか▽目的に照らして行為に正当性があるか▽国際人権規約で保障される行為か▽表現の自由に照らして無罪に該当するか--の4点に絞られた。

 GP側はこれまで、乗組員の供述調書などの証拠開示を求めたが、地裁、高裁、最高裁とも「開示を求めた証拠に起訴対象となった鯨肉譲渡に関するものは含まれない」などとして退けている。【山本佳孝】

【関連ニュース】
国連:鯨肉持ち出し逮捕 「人権規約に違反」と意見書送付
シー・シェパード:抗議船が日本の調査船と接触 南極海
調査捕鯨船妨害:衝突のSS船長から事情聴取 NZ当局
シー・シェパード:調査船に液体入り瓶 3人顔に痛み
調査捕鯨妨害:抗議船籍はく奪も オランダ政府が法改正案

<雑記帳>バレンタインデーには「油揚げ」…ハート型です(毎日新聞)
<掘り出しニュース>74年前、13歳で世界選手権に出場した少女スケーターがいた(毎日新聞)
<新日鉄名古屋>「地下水に石灰混入」所長が陳謝(毎日新聞)
日吉駅で全裸騒ぎ慶大生9人、少年審判不開始(読売新聞)
出産育児一時金の月2回請求を検討―厚労省(医療介護CBニュース)

草津温泉が一番人気 「みんなで選ぶ 第2回温泉大賞」(産経新聞)

 大手ネットプロバイダー「ビッグローブ」の「みんなで選ぶ 第2回温泉大賞」で、温泉地部門の1位に草津温泉(群馬)が輝いた。同社が昨年11~今年1月に約4万人のネット投票を受けたほか、サイトでの口コミ評価などをもとに決定した。

 草津は2年連続のトップ。湯量や泉質だけでなく、名物の「湯畑」「湯もみ」を評価する声が多かったという。投票者からは「いろいろ行った温泉地の中で一番泉質が良かった」「温泉地に来たぞ!という強烈な硫黄のにおい。雰囲気すべてが“温泉”」といった感想があり、満足度の高さをうかがわせた。

 以下、(2)由布院温泉(大分)(3)登別温泉(北海道)(4)有馬温泉(兵庫)(5)箱根湯本温泉(神奈川)。

 温泉宿部門では(1)加賀屋(石川・和倉温泉)(2)第一滝本館(北海道・登別温泉)(3)箱根ホテル小涌園(神奈川・小涌谷温泉)-など。また、「温泉の似合う有名人」は(1)吉永小百合(2)由美かおる(3)西田敏行-などだった。

夫の連れ子を虐待死?傷害容疑で26歳母親逮捕(読売新聞)
鳩山首相答弁要旨 衆院予算委(産経新聞)
借金条件に「ソープで働け」=有害業務紹介容疑で社長逮捕-警視庁(時事通信)
空き巣容疑で中国人3人逮捕=「100件やった」-警視庁(時事通信)
<霧>関西で鉄道ダイヤ乱れる 4万8500人に影響(毎日新聞)

不正入手の映画提供、ネットカフェ店長を逮捕(読売新聞)

 千葉県市川市のインターネットカフェ「まんがランド本八幡店」がファイル共有ソフトで不正にダウンロードした映画を客に視聴させていたとされる事件で、千葉県警は9日、同市南八幡、店長石井康晴容疑者(37)を著作権法違反(上映権侵害)容疑で逮捕した。

 県警によると、共有ソフトを悪用した上映権を侵害したネットカフェ業者の逮捕は全国初。同店の運営会社(東京都江東区)と、同様の手口で客に映画を視聴させていた東京都内の系列店の店長も、同法違反容疑で書類送検する方針。

 発表によると、石井容疑者は共有ソフト「シェア」で不正にダウンロードした映画などを店のサーバー7台に保存し、1月13日と15日、「ドラゴンボール」や「ガンダム」などの3作品を、端末パソコンで男性客2人に視聴させた疑い。

 石井容疑者は昨年5月から、「シェア」などの共有ソフトを使って映画やドラマ、音楽など約2万5000作品をダウンロードし、客が個室のパソコンでサーバーに接続すれば、好きな作品を視聴できるようにしていた。ガンダムなどの人気アニメは、シリーズ全作品をそろえていたという。

雑記帳 ホッキョクグマお別れ会 札幌(毎日新聞)
伊丹発JAC機、通信装置に雑音で目的地変更(読売新聞)
小1虐待死の継父、強盗容疑で近く再逮捕へ(読売新聞)
鳩山首相 小沢幹事長の続投確認(毎日新聞)
<山本病院>「肝臓がん、もうかる」理事長、手術持ちかけ(毎日新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。