スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HPVワクチン接種者の平均年齢は31.4歳(医療介護CBニュース)

 グラクソ・スミスクライン(GSK)が、全国の「子宮頸がん予防ワクチン」(HPVワクチン)の接種者を対象に実施したアンケート調査の結果によると、ワクチン接種者の平均年齢は31.4歳だった。ワクチンを接種した診療科は「婦人科(開業医・クリニック)」が最も多く55%。次いで「内科(開業医・クリニック)」と「婦人科(病院)」が12%、「小児科(開業医・クリニック)」が11%だった。

 アンケート調査は、ワクチンを接種した人の年齢などの属性を理解するとともに、接種したきっかけなどを把握するために実施した。昨年12月25日から今年3月15日にかけて、医師が接種者にアンケート用紙を配布し、郵送で2079件を回収した。

 接種者の年齢分布では、「35-39歳」が18.8%で最多。次いで「30-34歳」18.5%、「25-29歳」15.2%などで、25-39歳が全体の過半数を占めた。

 また、接種者に子宮がん検診の受診状況を質問したところ、「ここ3年は毎年」33%、「ここ3年では1-2回」32%、「ここ3年は受けていない」4%、「受けたことがない」31%で、過去3年間に検診を受けている人が65%を占めた。
 GSKでは、ワクチン接種者は「疾患認知、検診の認知が一般女性と比較して高いことが予想される」との見方を示している。

 またHPVワクチンを接種する最大のきっかけになった情報源で最も多かったのは「家族の話」で27.5%。次いで「医師からのワクチンについての説明やすすめ(接種日以前)」24.2%、「テレビ番組での紹介」9.6%などだった。


【関連記事】
予防接種法の抜本改正へ5月に実態調査
「がん教育」などを今年度事業の重点項目に-日本対がん協会
子宮頸がん原因ウイルスの感染経路、認知度は3割未満
「子宮頸がん予防ワクチン」接種しますか、しませんか。
HPVワクチン接種、公費助成「決定」はわずか-全国自治体アンケート

飛行機欠航で費用は? 座席等級で対応に差あり(産経新聞)
介護報酬191万円、不正混じりで全額返還へ―大阪市の事業者(医療介護CBニュース)
<偽装献金>判決は20分弱 使途解明はされないまま終了(毎日新聞)
「神戸空港の活用も盛り込むべき」 国交省報告書案に兵庫県が意見書(産経新聞)
SB孫社長自ら顧客に返信 企業のツイッター活用進む(J-CASTニュース)
スポンサーサイト

<桜を見る会>足元に残雪…鳩山首相主催、新宿御苑(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相主催の「桜を見る会」が17日、東京都内の新宿御苑で開かれ、足元に雪が残り小雨が降るなか、著名人ら約1万人が遅咲きの八重桜など約1300本を楽しんだ。首相は「人生には『晴天の友』と『雨天の友』がいる。晴れた時に人は集まるが、いったん雨が降ると一人去り二人去り消えてしまう。皆さんは鳩山政権の雨天の友です」とあいさつ。支持率低迷に苦しむ首相が、あいにくの天候にひっかけて心境を語った。

 政権の最大の課題となった米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題は一般招待客にも関心があるようで、首相に「必ず(決着期限の)5月を乗り越えましょう」「(移設先候補に挙がる)徳之島から来ました。問題の」といった声をかける招待客が相次ぎ、首相も笑顔で応じていた。【倉田陶子】

【関連ニュース】
鳩山首相:ガス田開発「交渉開始を」胡主席に要請
水俣病:鳩山首相「改めておわび」 救済策の閣議決定で
仙谷担当相:衆参同日選の可能性言及 鳩山首相退陣の場合
鳩山首相:普天間、献金で不用意発言連発 後援者懇談で
21世紀臨調:鳩山首相に提言提出 政権機能の二元化批判

地裁執行官2人、無断設置カメラで職場監視(読売新聞)
県民大会、首長39人が参加へ=普天間県内移設反対で-沖縄(時事通信)
走行中の車を座いすが直撃、投げ落としか(読売新聞)
<銃刀法違反>容疑の警官逮捕 改造拳銃を所持 福岡(毎日新聞)
福山市立大など10校の設置を諮問(産経新聞)

「エコ通勤」義務化を検討=CO2大量排出事業者に-京都市(時事通信)

 京都市は14日、CO2排出量などが多い市内148の特定事業者に対し、マイカーを使わない「エコ通勤」の実施を義務付ける方向で検討していることを明らかにした。実施する場合、来年4月に予定している京都市温暖化対策条例の改正に盛り込む。
 市環境政策局によると、特定事業者とは運送業やサービス業など市内に大規模事業所を設置し、年間で原油に換算し1500キロリットル以上のエネルギーを消費するか、CO2に換算して3000トン以上排出する事業者。京都市、京都大学、大手コンビニエンスストアや百貨店、JR西日本なども含まれている。
 現行の同条例で特定事業者は、温室効果ガスの排出量や、削減のための取り組み計画などを記した報告書の作成が義務付けられている。条例改正に当たり、この計画の中にマイカーではなく電車やバスなどを使ってのエコ通勤を含めることとする案を検討中。市は「歩くまち・京都」憲章を制定し、徒歩や公共交通機関の利用を促すまちづくりを推進中で、その一環と位置付けている。 

国民への意識調査、第1弾を5月に実施-高齢者医療制度改革で厚労省(医療介護CBニュース)
がんリハ料、医学的に「正当」なら手術未実施でも算定可(医療介護CBニュース)
券売機前で介護士殴る=陸自隊員逮捕-大阪府警(時事通信)
強盗殺人 78歳女性殺される 頭部などに切り傷…山口(毎日新聞)
村本さんの遺体、今夕帰国=ロイター関係者とタイ出発(時事通信)

自動車整備工場でガスボンベに引火、3人やけど(読売新聞)

 16日午前11時55分頃、新潟県長岡市新産1、ヤマト運輸のグループ会社「ヤマトオートワークス長岡工場」で、LPガスのボンベから火が噴き出し、車両2台が焼けた。

 54~38歳の男性従業員3人がやけどを負い、病院に搬送された。消防によると、3人とも意識はあるという。

 長岡署によると、引火したガスは車の燃料用で、出火当時、老朽化したボンベを新品に交換する作業中だった。

 ヤマト運輸によると、同工場ではヤマト運輸が使用する車両整備などをしているという。

「市長派」の阿久根市議、議会自主解散提案へ(読売新聞)
馬毛島に米軍訓練移転=沖縄負担軽減へ政府検討(時事通信)
次世代車普及、2020年に最大50%に…経産省(レスポンス)
不明3人か、遺体発見=愛知の資材置き場-放置車遺体と関連捜査・長野県警(時事通信)
認知症の女性の顔に落書き、撮影…栃木の施設(読売新聞)

タイ衝突で死亡の村本さん遺族、バンコクへ出発(読売新聞)

 タイのバンコクで10日夜、首相の退陣を求めるデモ隊と治安部隊が衝突し、多数の死傷者が出た事件で、銃撃され死亡したロイター通信日本支局カメラマン村本博之さん(43)の遺族が11日午後6時過ぎ、成田空港からバンコクに向けて出発した。

 ロイター通信によると、現地に向かったのは、村本さんの両親と妻、小学生の娘2人の計5人。同支局の社員が付き添い、現地で村本さんの遺体と対面するという。村本さんの葬儀の予定などは未定としている。

<飛行船>東京の名所を巡る遊覧クルーズが誕生(毎日新聞)
<桜開花予想>寒暖差大きく、担当者泣かせ…参入民間3機関(毎日新聞)
牛肉輸入問題、再び平行線=協議継続は約束-日米農相会談(時事通信)
知的障害の女性暴行容疑で逮捕 千葉(産経新聞)
スーダンに陸自ヘリ 政府、派遣を検討 PKOで初 (産経新聞)

AKB48 今度は偽造握手券 警視庁、詐欺容疑など視野に捜査(産経新聞)

 人気アイドルグループ「AKB48」のメンバーが先月20日に東京都内で行ったCD発売記念イベントで、複数の偽造握手券が見つかっていたことが1日、捜査関係者などへの取材で分かった。偽造握手券は名古屋市内で開催されたイベントでも確認されている。広範囲で出回っていることや偽造が精巧なことから、警視庁は組織的に偽造された疑いもあるとして、詐欺容疑などを視野に全容解明に乗り出した。

 捜査関係者などによると、偽造握手券が確認されたのは「ラクーアガーデンステージ」(東京都文京区)で開催された、AKB48内の5人組ユニット「渡り廊下走り隊」の新曲発売イベント。新曲CDに「おまけ」として同封された握手券を持って会場に訪れれば、ユニットのメンバーと握手をすることができるというものだが、少年2人が偽造握手券を持って会場を訪れたという。

 イベントスタッフが少年2人から話を聴いたところ、2人は同じ男の名前を挙げて、「イベント会場で受け取った」との趣旨の説明をしたという。このためスタッフが警視庁富坂署に連絡した。

 AKB48をめぐっては、先月17日にも名古屋市で開催された同様のイベントで、回収した握手券の中に十数枚の偽造券が見つかり、イベントが急遽(きゅうきょ)、中止となっている。名古屋市で見つかった偽造券は2種類あったが、このうち1種類は都内のイベントで少年が所持していたものと酷似していたという。

 警視庁では、押収した偽造券の鑑定を進めるとともに、入手ルートなどを詳しく調べている。

 AKB48は作詞家の秋元康氏が手がけるアイドルプロジェクトで、オーディションで選ばれた10~20代が所属。「会いに行けるアイドル」をコンセプトに、東京・秋葉原の専用劇場で連日公演をしているほか、握手会なども多数行っている。 

【関連記事】
AKB人気に便乗…相次ぐ犯罪、悪質化も
渡り廊下走り隊アッカンベー!初水着写真集
政界もお手本に!?「AKB48総選挙」再び実施
「夢はAKBのライバル作ること」秋元康さんに渡辺晋賞
AKB内ユニット、“握手券”の盗難&偽造で握手会中止
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

ベトナム原発建設のトップセールス 首相に親書(産経新聞)
拳銃と覚醒剤隠し持つ 銃刀法違反容疑などで男を逮捕(産経新聞)
鳩山首相、連合会長に参院選協力を要請 連合とのトップ会談(産経新聞)
遮断棒折れ 阪和線遅れる(産経新聞)
G8外相会合「核なき世界」声明へ 平和利用呼びかけ(産経新聞)

医療観光の推進で3省庁の連絡会議を―観光庁(医療介護CBニュース)

 観光庁は、3月30日に開かれた「観光連携コンソーシアム」(座長=辻元清美国土交通副大臣)で、厚生労働省や経済産業省と連絡会を設け、連携して医療観光の施策を推進していく考えを示した。この日示した「医療観光・医療の国際化に関する関係省庁連携について」と題する資料の中に連携案を盛り込んでいる。

 資料では、今後の日本の医療の国際化の進展などから、治療や健診などを受けるために訪日する外国人が増えていくと予想。医療観光への需要が高まることが期待されるとしている。このため、関係省庁が緊密に連携・協力し、施策を総合的かつ戦略的に推進するとした。

 資料の中で示された連携案では、観光庁が海外プロモーションや外国人患者等の渡航・受入環境などの業務を、経産省が翻訳や通訳を行う「医療言語人材」の育成などの業務を、厚労省が患者を受け入れる医療機関の質向上などの業務を分担し、関係省庁による連絡会で調整するイメージを描いている。

 またこのほか、「健診」「治療」「美容・健康増進」の分野ごとの将来の医療観光のイメージと、その実現を目指す上での課題を盛り込んでいる。
 健診に関しては、日本独自のホスピタリティや観光ノウハウの活用により高付加価値化し、新たな観光需要の喚起などから地域活性化を目指す。一方、治療に関しては、海外からの患者の呼び込みによる医療の振興と、国際競争力のさらなる向上を掲げる一方、医療事故などのリスク分担や治療費の支払いの方法の明確化を課題に挙げている。


【関連記事】
医療政策の転換が必要―医療ツーリズムで開原氏
メディカルツーリズムで「医療ビザ」の発行を
国際競争力高め、医療ツーリズム推進を―観光庁研究会
長妻厚労相、メディカルツーリズム推進は「重要」
国内初のJCI認証取得でメディカルツーリズムは広がるか

参院京都に河上衆院議員擁立=小沢氏主導で差し替え-民主(時事通信)
「日本一」スカイツリーに交代、東京タワー抜く(読売新聞)
<夫絞殺>容疑の69歳妻逮捕 35年寝たきりの夫に頼まれ(毎日新聞)
<事業仕分け>新人議員の参加、小沢幹事長認める(毎日新聞)
民主・平田参院国対委員長、閣内対立に「あの顔ぶれだから」(産経新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。