スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HPVワクチン接種者の平均年齢は31.4歳(医療介護CBニュース)

 グラクソ・スミスクライン(GSK)が、全国の「子宮頸がん予防ワクチン」(HPVワクチン)の接種者を対象に実施したアンケート調査の結果によると、ワクチン接種者の平均年齢は31.4歳だった。ワクチンを接種した診療科は「婦人科(開業医・クリニック)」が最も多く55%。次いで「内科(開業医・クリニック)」と「婦人科(病院)」が12%、「小児科(開業医・クリニック)」が11%だった。

 アンケート調査は、ワクチンを接種した人の年齢などの属性を理解するとともに、接種したきっかけなどを把握するために実施した。昨年12月25日から今年3月15日にかけて、医師が接種者にアンケート用紙を配布し、郵送で2079件を回収した。

 接種者の年齢分布では、「35-39歳」が18.8%で最多。次いで「30-34歳」18.5%、「25-29歳」15.2%などで、25-39歳が全体の過半数を占めた。

 また、接種者に子宮がん検診の受診状況を質問したところ、「ここ3年は毎年」33%、「ここ3年では1-2回」32%、「ここ3年は受けていない」4%、「受けたことがない」31%で、過去3年間に検診を受けている人が65%を占めた。
 GSKでは、ワクチン接種者は「疾患認知、検診の認知が一般女性と比較して高いことが予想される」との見方を示している。

 またHPVワクチンを接種する最大のきっかけになった情報源で最も多かったのは「家族の話」で27.5%。次いで「医師からのワクチンについての説明やすすめ(接種日以前)」24.2%、「テレビ番組での紹介」9.6%などだった。


【関連記事】
予防接種法の抜本改正へ5月に実態調査
「がん教育」などを今年度事業の重点項目に-日本対がん協会
子宮頸がん原因ウイルスの感染経路、認知度は3割未満
「子宮頸がん予防ワクチン」接種しますか、しませんか。
HPVワクチン接種、公費助成「決定」はわずか-全国自治体アンケート

飛行機欠航で費用は? 座席等級で対応に差あり(産経新聞)
介護報酬191万円、不正混じりで全額返還へ―大阪市の事業者(医療介護CBニュース)
<偽装献金>判決は20分弱 使途解明はされないまま終了(毎日新聞)
「神戸空港の活用も盛り込むべき」 国交省報告書案に兵庫県が意見書(産経新聞)
SB孫社長自ら顧客に返信 企業のツイッター活用進む(J-CASTニュース)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。